好きなアイス

今週のお題「好きなアイス」

好きなアイスは、「ガリガリ君ソーダ味」

理由は、ズバリ!「あの色がイイ〜」

なぜ?色で決める???

あの爽快な色が良い!もちろんガブリついた時の歯ごたえと、外側と内側の氷の違いも、また絶妙にイイ〜!

最後に味になるけれど、味も自分好みで良いデス!

お題「好きな街」
今まで、いろんな街に住んだ。ふつうの街や、都会の街とか。小さな駅から広がる住宅街、流行りの洒落た店が沢山ある有名な街。だけど自分が好きな街は、決して洒落てはないけれど、人情味があり、そこに住む人達や、そこで働く人達が、活気に溢れ、生き生きとしている街。そんな街が良い。だから、そんな街を離れれる時には、まるで、自分の故郷を離れる時のように、なんだか名残惜しい気持ちになる。街の良さ悪さってのは、その街に住んでる人達や、そこで働く人達の人柄だったり思入れが、その街に反映されているみたいだ。

はい!お答えします。

お題「あなたの「夢」はなんですか?」    「天国にいちばん近い島」に移住して、大好きなブログを書きたいです。ハンモックに揺られ、宝石箱のような美しい海を眺めながら、美しい奇跡のような地球の星へ、愛と感謝を込めた言葉を残したいです。

 

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=ikikael110f-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B01J6X4J08&linkId=2b3c5341c3bcebd826fd33afc621e95a&bc1=ffffff<1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
</iframe>

もしも魔法が使えたら

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

まず魔法を使って、地球の中心に入りたい。そこで今度は2回目の魔法をかける。「永遠に地が荒れ果てないように」それから「地表に存在する、生命を持つもの達が、永遠に悲惨にならないように」と三回目の魔法をかける。そして一息ついて、魔法を捨てて来るだろう。

 

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=ikikael110f-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B014UTNS8C&linkId=cb456233c782569a29fba7587980a767&bc1=ffffff<1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
</iframe>

お題「雨の日に聴きたい曲」

 

 

Carroll Thompson  「 Free   」

 

を聴いてみて下さい。

 

うっとうしい雨の日なんだけど、

 

この曲を聴くとね、

 

からだの中を、

 

爽やかなものが、

 

流れていくみたいだから、

 

気持ちがいいんだ!

 

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=ikikael110f-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B018Z4O6YI&linkId=7ebad0078ad38085dda92603d5f2c1ab&bc1=ffffff<1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">
</iframe>

 

 

旅行に必ず持っていくもの

お題「旅行に必ず持っていくもの」

恋人とよく旅行へ行っていた時があった

毎回予定は立てない

「 これから何処へ旅行しようよ 」

突然相手が言うから

支度も出来ずに

その日着ていた服とそして持っていた物で

慌てて旅行へ出発することになっていた

貴方はどうしていつもそうなの?

何故計画を立てないのか?

それともいつも思いつきで行動する人なのか?

なんて…あれこれ考えながら

慌てて出発する車両に飛び乗る!

そんな慌ただしい旅行も

本当はいつも期待していたんだけどね

シートに並んで座り

窓の外を静かに眺めながら

いつも手を繋いでいたね

あの時の二人は

好きで好きでしょうがないくらいお互いに好きで

いつまでもずっと二人で居れたら

ただそれだけで幸せだったね

あの時 忘れずに旅行に持っていったものは

貴方を想う胸のときめきでした