ikikael’s diary

いきかえって人生ひっくりかえる🐸

爆書き

爆書きとは、私が作ったことばだ。

読み方は、ばくがきと読む。

なんだかんだ、書いて書いて書きまくることだ。

なんでこんな事を考えたか、それは

もう残り少ない人生だとわかったからだ。

この場所を自分の墓場にするならば、

あとでみんなが、ここに来てくれるかもしれない。

いつだって、本当のことはなんだかわからない。

けれど、今の自分の身体に異変がある事実を、

知らされた。

今度再検査で、余命数年なのか?それは無しか?

「再来週がとても楽しみだ」

なんでそんなに明るく言えるかって?

もうすでに、元は十分とっているからだ。

👻からプラス五年生きているからだ!

話がそれてしまったσ(^_^;)。

今自分に出来ることは、大切な人に伝えたい言葉が

沢山あって、沢山書くこと。

弱った身体を横にしていても出来るからだ。

こうしている間にも、時間は過ぎつつある。

伝えたい気持ちを伝えたい人へ。

また、どっかに言霊として飛ばしたい📄✈︎。